むち打ち

2014-02-04
Pocket

最近ますます交通事故が増えてます。
昨日も院の前で交通事故がありました。

交通事故で殆どの方に見られる症状が『むち打ち(むちうち症)』です。

交通事故では、今までに体験したことの無い位の衝撃が体にかかります。

体はシートベルトで固定されていても、首はとても不安定で自由に動きます。

衝突時、首は7~8kgある頭部の重さで激しく前後に振られ、
まさに鞭のようにしなります。

首は7個の頚椎と椎間板からなり、それぞれ靭帯や筋肉により連結されています。

さらに頚椎と頚椎の間からは神経が出ているため、事故の衝撃で頭部が振られることにより
筋肉や靭帯が損傷し、神経が圧迫されます。

主な症状としては、腕や手の痺れ、脱力感、首の各種運動が痛みにより制限され、
ひどい場合は安静時でも痛みが出ます。

また、頭痛や吐き気、めまいなどの症状が出る場合も少なくありません。

時には後遺症を残すこともあり、治療は長くかかることが多いです。

これらの症状を改善する上で一番大切なことは、

できるだけ早く治療を開始することです。

事故から間隔が空いてしまうと、
症状の回復が遅れるほか、症状を残してしまう確立が高くなります。

また、事故の影響か、普段の生活によるものか判断がつきにくくなるため、
自動車保険を使えなくなるケースもあります。

交通事故を起こしてしまったら、速やかに警察や保険会社に連絡し、
できるだけ早く治療を開始しましょう。

森の中整骨院 院長 熊本 啓一郎

佐貫 交通事故治療/

コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2013 森の中整骨院 All Rights Reserved.